Googleウェブマスターツール導入ガイド(登録方法)

SEO対策!googleウェブマスターツールの導入方法ガイド

Googleウェブマスターツールをご存知ですか?

Googleウェブマスターツールは、どんな検索クエリ(検索ワード)でホームページに訪問されているのか、Googleのロボット(クローラー)がWebサイトをクロール(巡回)した時にエラーが発生していないかなど、Webサイト(ホームページ)を運営する上で、必須となるツールです。
もし、まだ導入されていない方は、無料で利用ですますので、この機会に導入されてみてはいかがでしょうか?

GoogleウェブマスターツールにWebサイトを登録する方法をご紹介していきます。

1.Googleのアカウントを取得

Google ウェブマスターツールは、google社の提供するサービスの一種になる為、「Google アカウント」が必要になります。

Google アカウントをお持ちでないない方は、アカウントを取得してください。
>>Googleアカウントを作成

3.Webサイトを登録する


ログインできましたら、右上にある【プロパティの追加】より、自身のWebサイト(ホームページ)を追加します。(URL)

4.サイトの所有権を確認

今回登録するサイトが、本当に自身のサイトかどうかの確認していきます。(他人のサイトを勝手に登録できると大変ですもんね。)

所有権の確認には、5通りの確認方法があります。

その中でも、簡単に設置する方法が、HTMLのタグを自身のサイトに登録するという方法です。

①まずは、「別の方法」をクリックし、「HTML タグ」を選択し、metaタグの文字列をコピーします。

 


②自身のサイトのheadタグ内の一番下の箇所に、先ほどコピーした内容を張り付けます。
(ワードプレスでは、header.php内にあります。)

 


③張り付け後に、ウェブマスターツールに戻り、【認証】を押します。

「サイトの所有権の確認がされました」の画面になりましたら、無事完了となります。

5.まとめ

Googleウェブマスターツールを導入するには、下記の手順で、簡単に登録できます。

・Googleアカウントにログイン
・その後ウェブマスターツールにアクセス
・管理画面からサイトを追加【プロパティ追加】
・所有権の確認
・ご自身のサイトにタグを入力
・認証完了

今回は、導入方法をご紹介しましたが、実際にウェブマスターツールを使って、サイトマップを追加する方法や、どんな検索ワードでサイトを訪問されているか、どんなサイトからリンクを張られているかなどを確認する方法もご紹介していきます。

ウェブマスターツールは、無料で使えて高機能なツールです。
機能が多いため、扱いに慣れるまでは少し苦労するかと思いますが、Webサイトにとって非常に有効なツールとなりますので、まだ導入されていない方は、この際に導入されることをおすすめします。

Follow me!